安倍首相と消化器官

2020/08/29 ブログ

安倍首相が総理大臣を辞任なさるというニュースが駆け巡りました。

潰瘍性大腸炎が悪化しつつあるそうです。

まあ、お疲れさまでした。

7年8か月ですって。

安定政権を続けたことがまず第一の貢献でしょ。

その前までの数年はほんとほぼ1年づつくらいで変わっていたのだから。

 

安倍晋三氏の前をさかのぼると

野田佳彦氏 、菅直人氏、鳩山由紀夫氏

麻生太郎氏、福田康夫氏、安倍晋三氏(第1次)

 

小泉純一郎氏、森喜朗氏、小渕恵三氏、橋本龍太郎氏

村山富一氏、羽田孜氏、細川護熙氏

宮澤喜一氏、海部俊樹氏、宇野宗佑、竹下登氏

竹下氏が昭和の最後で、宇野氏が平成初めての総理大臣。

ちなみに私が生まれた昭和33年は、

岸信介氏だったらしい(Daigoのおじいちゃま)。

 

災害の多い日本はいつもどこかで事故ってるし、今回みたいなコロナ禍で、世界中が大変。

IT化も進み世の中大きく変わってきました。

外交でも常に表の顔でいるなんて普通の人にはできないと思うけど。

さて、次に首相になる人はどんな方なんでしょうね。

 

私たちは、

とにかく早くコロナ禍が治まり、しっかりと仕事して税金を納められるようにならないと、ね。

 

体の不調が顔に出ている

この安倍首相の「潰瘍性大腸炎」という病、

便秘や下痢を繰り返すという難儀なもの。

 

中医学の方では、
安倍さんのお顔の頬の筋肉が下がっていることで(ブルドック顔)、「あーこの人は、【脾が弱い】んやな」ってわかっているんです。

65才にしては下がりすぎなので。

 

あと、

今の若い方なら、藤田ニコルちゃんもブルドック顔なので、消化器官が弱いでしょうね。

 

 

実は、
私も同じ消化器系で「急性胃腸炎」なるものを8月初めに経験しました。

どうも「唐揚げ」がしんどかったみたい。

めったに戻すことのない私ですが、口からと、お尻からとの出方が半端なかった。痛くて痛くて死んでしまうのではないかと思うくらいつらかった。

何回トイレに駆け込んだことか。

元々、私は下痢しやすいタチなので、常々気を付けてはいるけれど。。。

 

潰瘍性大腸炎もこういう症状なんでしょうね、たぶん。

薬で押さえてるとは言え、あのストレスだらけの中で、1時間も記者会見するなんて。

 

 

 

食事で何とかなるのか

調子の悪い時の食事は

 

私の場合は、1食2食抜くのが一番良いのです。

潰瘍を起こしてるという時は、その部分が以上に熱い。

非接触型の体温計で計ったら、おでこは37.5度なのに、
お腹は38.9度ありましたよ。
それも一番痛い時でなく、ちょっと収まってきたときで。

もう、汗びっしょり。

 

私は、スポーツドリンクを飲み、飴をなめて、とにかく消化器官に負担をかけないようにしていました。

固形物を食べないこと3日間。動物性たんぱく質を抜くこと1週間。

期せずして断食しているみたいな⁈

おかげさんでちょっとやつれてしまいましたが。

 

その後ちょっとずつ、おうどん食べたり、おかいさんにしたり。

プリンやゼリー類(桃ゼリーがおいしかったね)をしっかり噛みながらお腹が受け付けてくれるのを確認するようにして、食事量を増やしていきました。

 

これ以上食べたらダメ、という信号が出る時があります。

それは、手の人差し指。

私の場合ビリビリと痛くなります。自分の身体を観察してみてくださいね。

そして、私は頬が落ちないように、フォトフェイシャルをしっかりやって、ぽっぺを膨らます運動もしてますよ。電子の化粧品も使っています。

興味のある方は、ご連絡くださいね。

 

胃腸をいたわるには、

「脾」に優しい食べ物、自然の甘みがあってほっこりしたもの。

例えば かぼちゃや、イモ類、トウモロコシなどミカンやブドウ、桃もいいですね。

しっかり噛んで唾液と混ぜることで「脾」の養生になります。

 

ただ、食事をろくに摂っていないということは、思考力も落ちるし体力が無いので、仕事も万全にできない。

 

だから、安倍首相がお辞めになる決断をなさったのよね。

ゆっくり「脾」の養生をなさってほしいですね。