祇園祭も縮小 浴衣を着たい女性たち

2020/07/18 ブログ

コロナウイルスがなかなか収まらない。

今年は祇園祭も縮小されたようです。

 

例年ならこの時期の金曜土曜日曜は浴衣姿の女の子たちで駅もあふれかえるのに。

 

私も若い時は浴衣が好きで毎年着ていました。

でも結構下着に悩んでたのよね。
楊柳という素材(お父さんのステテコ素材)のスリップタイプの下着ができた時はなんか嬉しかったな。

それまではナイロン素材のスリップで汗は吸わないし蒸れるし大変でした。

本来、
浴衣は湯上りに着るので、下着とかはつけないけれど、お出かけするとなったら、やっぱりいるよね。

ショーツも結構難儀したものです。けれど、着物ほどお手洗いは大変ではなかったです。なんせ着ているものが少ないから。

 

着物はガーゼの肌着や絹の長じゅばんを着て、腰ひもも巻いて帯びつけて。

成人式や、お正月の初出とかは本当に大変でしたよ。

それでも晴れの日は和服が着たい。

まして、お祭りとなると浴衣が着たいのよね。