ハンカチマスク

2020/03/01 ブログ

【ハンカチマスクの作り方】
大阪鶴見で介護脱毛と耳ツボ施術をしています。

あちこちでマスクが売り切れて、花粉症の人は困っていますね。
予防が大切なのに。

 


私も昨日、

針仕事してたのですが耳にかける部分の調節がむつかしい。
そしたら知り合いから簡単なマスクの作り方を教えてもらいました。

 

1.ハンカチは横長に4つに折る。
2.ゴムの部分はストッキングを5センチ幅で切る
3.ハンカチの両端にストッキングのゴム?を通し、内側に折り曲げるだけ。

抗菌のアロマスプレーとか振ってもよし、鼻の所にお菓子の袋を止めるので沿わしてもよし、洗えるし、耳がいたくないので、嬉しいですね。

 

ハンカチの内側に不織布のキッチンペーパーを挟み込めば、さらに効果UP。

針も、糸も、両面テープもいらない。3分ほどで一つ出来上がります。

 

ただ、ハンカチマスク、ガーゼマスクは鼻のところが押さえられていまいち気に気になるって方には、

裏返して真ん中で上から2センチくらいまでの所を斜めに縫っておくと、表替えして鼻のところにフィットします。

 

自宅でマスク作成

ストッキングの耳掛けも替えがないなら、市販のマスクの耳の部分を1センチほどマスク部分から取って輪にしておけば使えます。

そして両端を自分に合わせて縫ってしまうとずれることはありません。

進化したハンカチマスク
ハンカチマスク、鼻と紐の部分

わかるかなぁ、この写真で。

紐は今わざと上にずらしてあります。(写真に撮る為に)

鼻の部分もこれだけでかなりつかいやすくなりますよ。

 

 

花粉症でお悩みの方はお任せください。

耳ツボ療法で、うんと楽になりますよ、

薬をほとんど飲まなくて済みます。❣️