ヒゲと水虫の関係とは

2019/11/07 ブログ

ヒゲと水虫の関係とは?

 

デザインしたヒゲのところに

水虫ができることがあります。

 

顔に水虫ってびっくりですが、ヒゲ周りにできるヒゲ白癬と、足や手の水虫を引き起こす紅色白癬菌は、大きな枠でいえば『真菌』が原因で仲間です。

 

特にヒゲ白癬は、古いカミソリに付着した真菌やステロイドなどの外用薬が引き金となって発症するのが特徴です。

肌が赤くなる、ガサガサする、毛が抜ける、膿が出る、などが主な症状だそうです。

 

カミソリ負けは、医学的には「毛のう炎」と呼ばれます。

見た目はニキビと似ていますが、ニキビの原因菌はアクネ菌なのに対し、毛のう炎の原因菌はブドウ球菌。

どちらも細菌が原因ですが、毛のう炎を放置すると色素沈着からシミになります。

 

では

それを防ぐにはどうすれば良いか?

 

カミソリで剃らなくて良いように脱毛してしまう事です。

 

そしてデザインして残したヒゲも、不衛生にならないように洗って、お肌はスキンケアしてください。

 

スキンケアとは、

洗顔の後、化粧水や乳液でお肌のpHを弱酸性に整えることです。

 

デザインヒゲも、さっぱりヒゲ無しも肌がきれいだとステキです。

 

夕方にはヒゲが出てくる人は、ぜひヒゲ脱毛を考えてみてくださいね。

顔の彫りが深くて、日焼けしてて、男臭い顔立ちの人は、髭が似合いますが、

色白で、優しい顔立ちの人はヒゲは似合いません。

 

威厳のあるヒゲも、お手入れしてなかったら不衛生なだけです。

できればさっぱりとヒゲ脱毛する事をお勧めします。

1年半から2年かかりますが、長い目で見ると

後々、楽ですし。

女性からの評価も清潔感が大切なのです。

 

朝の時間がゆっくりできて、夕方の青髭に悩まされなくて、ヒゲ白癬にも悩まされなくて済むのはヒゲ脱毛してしまう事ですね。